ウイルスや菌、悪臭に特化し表面付着菌まで対応したステライザSterilizAir

ステライザ「SterilizAir」は空気中に浮遊している菌やウイルスだけでなく、空間内にある物質表面に付着した菌やウイルスさえも除去します。そして悪臭などの臭い対策にも特化しており強力な脱臭効果もあります。

空気清浄機に出来なかった表面付着菌やウイルスに作用

空気清浄機に出来なかった表面付着菌やウイルスに作用

ステライザ「SterilizAir」は空気清浄機の機能と大きく違います。空気清浄機はフィルターで空気中に浮遊している有害物質を吸着して空気を清浄しますが、作用するのは空気だけであり、空間内のテーブルやドアノブなどの付着菌やウイルスには作用しません。つまり空気清浄機は空気感染などの対策は出来るかもしれませんが接触感染の原因である表面付着菌やウイルスなどの除去は出来ないのです

しかしステライザ「SterilizAir」の特徴は空間内にある表面付着菌やウイルス、悪臭さえも除去できることです。リモコンや床、ドアノブなどにも作用し、更に衣服や絨毯、カーテンなど繊維の奥に入り込んだものまで除去します。そして強力な脱臭効果もあります。

ステライザ「SterilizAir」の突出した効果は表面付着菌やウイルス、悪臭に有効に作用し空気だけでなく接触感染に由来する表面付着菌などにも有効な機能を搭載しています。ステライザ「SterilizAir」は新型コロナウイルスの感染リスクである空気感染と接触感染のリスクを抑えます。通常の空気清浄機では空気感染しか対策出来ません。空気感染は感染リスクの20%であり。残りの80%は接触感染です。新型コロナウイルスやインフルエンザの感染原因は空気感染が大きな原因だと思われてますが、実は接触感染が多くの由来になります。この接触感染リスクをどのように対策するかがコロナ等のウイルス感染対策に繋がりますのでステライザ「SterilizAir」は通常の空気清浄機と比べて遥かに高いアドバンテージを有しています。

表面付着菌に作用し黒カビやパンなどのカビ菌の発生を抑えます

ステライザ「SterilizAir」は表面付着菌やウイルス、悪臭に効果があると先述しました。

この効果は空間内の黒カビなどのカビ菌の発生を抑えます。浴室や水周りなどで気になるカビの発生をステライザSterilizAirは劇的に抑えます。また食品のパンは放置しているとカビが発生しますがステライザ「SterilizAir」の空間内にあるパンはカビの発生が大幅に抑えら効果を簡単に見たり試すことも可能です。

カビの原因は空気中にある菌やバクテリアです。ステライザ「SterilizAir」はこの菌やバクテリアを根本から除去しますので菌が繁殖しにくくなり発生を抑えます。

ステライザSterilizAirは促進酸化法によりOHラジカル・ROSマルチプラズマ(活性酸素種)を発生します。OHラジカルは有機物から水素を奪い酸化させるので有害物質を破壊します。これは臭いの元となる悪臭も除去できます。

付着菌やウイルスを一掃するので接触感染対策に有効

付着菌やウイルスを一掃するので接触感染対策に有効

接触感染の原因はウイルスなどを触ってしまい、そのウイルスが付いている手で顔の粘膜などを触ってしまい引き起こります。

上記の画像のように人間は無意識のうちに顔を触っています。一時間に平均して44%が粘膜のある目、口、鼻に触っています。

新型コロナウイルスや菌、脱臭に特化した世界最強の空気清浄機世界最強の空気清浄機ステライザ「SterilizAir」で新型コロナウイルス対策

接触感染を抑える為に今では徹底的にアルコール消毒や石鹸などを利用し手洗いをしています。新型コロナウイルスのエンベロープタイプは石鹸やアルコールで膜壁を簡単に破壊できます。手洗いやアルコール消毒に弱い新型コロナウイルスのようなウイルスもあれば逆に石鹸やアルコールに強いウイルスも存在します。所謂ノンエンベロープウイルスです。このようなウイルスは外膜が存在しなくても生存できるように逞しく、手洗いをすれば洗い流すことは出来ますがエンベロープウイルスと違いウイルス自体の破壊が困難です。

ノンエンベロープウイルスは次亜塩素酸ナトリウムが有効です。次亜塩素酸ナトリウムは台所用塩素系漂白剤などです。塩素系の漂白剤で拭き取りや塗布をすればノロウイルス等のノンエンベロープウイルスには非常に有効なのですが、その反面皮膚にダメージが大きく、臭いや色物の繊維であれば脱色も有り得ます。また何よりもこのような消毒作業を頻繁にするのが難しいと思います。

ステライザ「SterilizAir」は時間や場所、ウイルスを選びません。ステライザ「SterilizAir」は有機化合物から水素を奪い酸化させ破壊するのでウイルスの持つ蛋白質や脂質から出来た膜壁や殻を酸化させ破壊します。ステライザ「SterilizAir」はエンベロープの有無に関わらず、更に新型コロナウイルスや新種、変異種が仮に現れても脅威ではありません。上記の図のようにウイルスは多少の形が違いますが、それを成す基本構造は同じなため促進酸化法により水素を奪って酸化させ破壊するステライザ「SterilizAir」はウイルスや菌を選びません。

このようにステライザ「SterilizAir」はウイルスや菌を選ばないので、ドアノブやテーブルなどの表面付着菌やウイルスの破壊をするため接触感染対策に有効で面倒な手間がありません。24時間稼動できステライザ「SterilizAir」が自動的に菌やウイルスの破壊、臭い対策を自動的にしてくれます。

ステライザ「SterilizAir」の脱臭効果

ステライザSterilizAirは様々な臭い粒子やカビの臭いを除去します。

そもそも「におい」とは、におい物質という化学物質であり殆どが有機化合物に属します。良い匂いも悪い臭いもこれに当てはまります。ここで重要なのが「におい」の殆どが有機化合物であるということです。

普段衣服などに付いたカビの臭いを取るときなどは酸素系の漂白剤を使用します。この酸素系漂白剤は活性酸素が汚れや臭いを分解してくれます。ステライザ「SterilizAir」の有効成分の一つにROSマルチプラズマがあります。ROSマルチプラズマはオーガニックな気相活性酸素種であり、人体に無害でこれと同じような効果を顕します。その為にカビなどの汚れと臭いを分解できます。

カビ菌以外の臭いもまたニオイ物質の有機物化合物です。ステライザ「SterilizAir」のOHラジカルは有機物から水素を取り酸化させ破壊しますので悪臭を除去します。

長年染み付いた臭いも壁や床などに臭い物質が付着して浸透しています。ステライザ「SterilizAir」は空気だけでなく物質表面の付着菌やウイルスと同様、付着した臭いにも作用します。

空気清浄機は空気中に漂う臭い物質を吸着するだけなので空気の臭いは取れても染み付いた臭いまでは取れません。そして臭いの元を断っていないので臭いは発生し続けています。

ステライザ「SterilizAir」は臭いの元から根本的な解決をします。臭いの原因である臭い物質から水素を取り除き破壊しますので空気中に漂う臭いだけでなく、物質表面に付着した臭い物質まで作用しますので今まで染み付いた頑固な取れなかった臭いにも作用します。

引用・参考資料
厚生労働省 新型コロナウイルス感染症

ステライザ「SterilizAir」メインページ

お気軽にお問合せください。コロナの影響で時短営業をしています。時間外や土日でもメールでの対応可能です03-3833-4238受付時間 9:00-17:00 [ 土・日・祝日除く ]

お問い合わせ
PAGE TOP